1分で読める労務管理のポイント

どこまで採用の自由は認められるのか   ( 2011.08.01 )

昨今の労使トラブルの増加を背景に、企業側は、採用の重要性がますます高まってきています。どこまで採用の自由が認められるのでしょうか。

労働者の採用にあたって、最高裁判決では「企業者は、経済活動の一環としてする契約締結の自由を有し、自己の営業のために労働者を雇用するにあたり、いかなる者を雇い入れるか、いかなる条件でこれを雇うかについて、法律その他による特別の制限がない限り、原則として自由にこれを決定することができるのであって、企業者が特定の思想・信条を有する者をそのゆえをもって雇い入れることを拒んでも、それを当然に違法とすることはできない」と判示しています。【三菱樹脂事件 最大判 昭48.12.12

つまり、原則、採用は、自由に行うことができると考えることができます。一度労働者を採用してしまうと、解雇等を行っていくのは非常に難しいです。ですので、入り口(採用)の時点で、しっかりと採用者を見極めていくのが今後の労務管理においては非常に大切になってきます。

 

◆法律による募集・採用時の禁止事項
・性別による募集・採用の禁止(男女雇用機会均等法第5条) 
・年齢制限の原則禁止(雇用対策法第10条)
※長期勤続によるキャリア形成の目的等特別の理由があれば、年齢制限の除外が認められる。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区