1分で読める労務管理のポイント

1分単位で残業代を計算しないといけないのか   ( 2011.09.13 )

「1分単位で残業代は計算しないといけないのでしょうか」最近このような問い合わせが増えてきました。

結論から申し上げますと、1分単位で残業代を計算しないと違法となります。では、残業代はなぜ発生するのでしょうか。それは、労働者が1日8時間、週40時間を超えて働いたからですよね。では、その労働時間は誰が管理・把握しているのでしょうか。多くの会社では、タイムカードで労働者の出退勤を記録・把握していると思います。しかし、タイムカードの打刻は、あくまでも労働者の出社と退社の記録でしかなく、本来、労働時間の把握義務は、使用者側、つまり直属の上司に課せられているのです。しかし、現在多くの会社では、タイムカードのみ、つまり労働者からの申告(打刻)のみを持って、残業代を支払っているのです。ここに労務管理の脆弱性があるのです。本来であれば、「労働者からの申告(タイムカード)」+「会社側の承認」があって初めて、労働時間と認めていくべきです。つまり、本来、労働時間とは、会社の指揮命令下に入って、業務を行っていたと会社が認めた時間なのです。

これからの時代は、残業をするのであれば、事前に残業申請制にする必要があると思います。私のクライアントでは、その日の午後3時までに、残業するのであれば、残業申請書を提出することになっています。そして、上長の許可(場合によっては、申請時間よりも短い時間しか許可を出さないこともある)をもらい、残業を行う。終わった後も、実際にかかった時間を報告し、最終承認をもらいます。今まで以上に、直属の上司は、部下の管理能力が大切なスキルになってきているのです。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

能力不足による解雇はできるのか

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区