1分で読める労務管理のポイント

休憩時間の上限は   ( 2011.10.20 )

クライアントから、ときどき休憩時間について質問を受けます。休憩時間が、法律上どのようになっているかと言いますと

法律上休憩時間は、

労働基準法第34条1項に
労働時間が6時間を超える場合は、少なくとも45分
労働時間が8時間を超える場合は、少なくとも60分

を労働時間の途中に与えなければならないと、定められています。

 

では、その上限は?

 

実は、労働基準法では、下限は定められているのですが、その上限は定められていません。

 

最近、小売業・飲食業などは、長い時間営業している店舗も増え、労働者の1日あたりの拘束時間も長くなる傾向があります。例えば、朝10時から夜9時閉店のスーパーがあった場合、出勤時間は朝の9時、退勤時間は夜10時ごろになると考えられます。実に拘束時間は13時間。もし、休憩時間が1時間ならば、1日12時間労働になり、月22日勤務ならば、残業時間は88時間(4時間×22日)になり、残業代のコストだけでなく、健康管理の面からも非常に問題があります。

そこで、昼以外の時間にも、効果的に休憩時間を設けることで、仕事の効率化アップと、労働者の健康管理の対策をしていくべきでしょう。ただし、法律上の休憩時間の上限はないのですが、無秩序に休憩時間を長くするのは、民法90条に違反し無効になると考えられ、拘束時間が13時間程度であれば、休憩時間は3時間が限界だと思われます。(採用時に、休憩時間の説明が必要)

 

これからの労務管理は、休憩時間も戦略的に使うことが、長時間の労働時間対策には重要になります。
※休憩時間と認められるためには、その時間が完全に労働から離れている必要があるので、注意してください。

 

➢休憩時間の実務上のポイント
・休憩時間は、完全に労働から解放され、労働者が自由に利用できなければならない
・手待ち時間(待機時間)は、労働時間である
・手あき時間(完全業務から離れている空白時間)は、実態に即して判断される

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

整理整頓が重要な理由

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区