1分で読める労務管理のポイント

休憩中の労災の認定   ( 2011.08.09 )

休憩中に転んで、怪我をしてしまった場合、労災と認められるのでしょうか。

労災として認定されるためには、業務遂行性(会社の支配、管理下にある状態)と業務起因性(会社で働いていたので怪我をした等)の2つの判断基準を満たす必要があります。会社内での休憩は、たとえ休憩中でも、事業主の支配、管理下にあると考えられ、「業務遂行性」は認められます。では、社外での休憩、例えば、ランチを会社の近くのお店でとる場合は、社外に出ていますので、事業主の支配、管理下がないとみなされ「業務遂行性」は認められません。

一方、「業務起因性」はあるのかといいますと、休憩時間中は、そもそも業務を行っていない自由時間ですので、「業務起因性」は認められません。そのため、休憩時間中に私的行為をしていて発生した怪我については、一般的に労災とは、認められません。

では、どのような場合でも労災が認められないか、というとそうではありません。例えば、事業場施設に欠陥(老朽化など)があったことに起因していることが証明できれば、労災と認められます。もっとも、昼食をとるために会社内の休憩室に行こうとして、階段から落ちたなどのケースでは、一般的に労災の認定が受けられると考えられます。 

◆ポイント
・「業務起因性」と「業務遂行性」の両方を満たさないと、労災(業務上の災害)は認められない。
・社外での休憩中の怪我は、労災は認められない。
・社内(社員食堂等)での休憩中の怪我は、労災が認められることがある。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

採用時の配慮事項

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区