1分で読める労務管理のポイント

残業代と代休の相殺処理は可能でしょうか   ( 2011.12.06 )

「残業代と代休の相殺処理ができると聞いたのですが、どのようにすれば法律違反ではないのでしょうか」このような質問をときどき受けます。

 

不況で、売上高が伸びない中、人件費を抑えることに苦労されている中小企業は多いのではないでしょうか。残業代と代休の相殺処理とは、つまり、残業時間の合計が8時間になったら、1日分の代休を取らせる処理です。

 

労使間の合意があり、就業規則に記載があれば、このような処理も問題ありません。

 

給与計算上の処理の具体例を見ていきましょう。

 

たとえば、毎日2時間×4日残業(合計8時間)し、その次の日に代休を与えた場合、このとき、残業時間の2時間×4日残業(合計8時間)の8時間の勤務に対して、割増賃金として、8時間 ×1.25(125 %)の賃金を支払います。
次に、与えた代休(8時間分)に対して、1日分の賃金(8時間 ×100 %)の欠勤控除を行う処理をします。

 

つまり、結果として、0.25(25%)分の残業代を支払う処理になります。給与計算上は、このようになります。

 

実務上の注意点
➣労使間の合意があり、就業規則に明記されている。
➣代休は、労働者が任意に取得できる(強制ではない)。
➣0.25(25%)の残業代の支払いを忘れない。
➣同じ賃金支払い月に対して、残業時間と代休の相殺処理を行う。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

健康診断中の賃金

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区