1分で読める労務管理のポイント

残業代の計算基礎に含める賃金は   ( 2012.01.31 )

「残業代の計算に含める賃金はどれですか」このような質問をいただくことがあります。実際、給与計算を見させていただくと、残業代の単価が違っていることが多くあります。

 

残業代、つまり、割増計算の基礎に算入する賃金は、どのような賃金なのでしょうか。労働基準法には、割増計算の基礎に算入しない賃金を限定列挙で示しています。つまり、下記の7種の手当以外の手当、例えば、管理職手当、歩合給手当、調整手当等は、原則、残業代の計算の基礎に算入する賃金になります。

 

割増計算の基礎に算入しない賃金
①家族手当(扶養家族数に応じて支給されている場合)
②通勤手当(通勤距離に応じて支給されている場合)
③別居手当
④子女教育手当
⑤住宅手当
⑥臨時の賃金
⑦1ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金

 

もちろん、名称にとらわれるのではなく実態に即して判断していきます。特に住宅手当の取扱いでの間違いが多いのですが、【平成11.3.31基発170号】の通達によると
費用に定率を乗じた額とすることや、費用を段階的に区分し、費用が増えるにしたがって額を多くするというものであること
➣住宅に要する費用に関わらず一律に定額に支給される手当は、住宅手当に当たらないものであること

 

つまり、賃貸住宅居住者○万円、持家居住者○万円と一律に支払われている場合は、割増賃金の算定基礎に含まれます。

 

割増賃金の算定基礎から除外するためには、
賃貸住宅居住者は、家賃の○%、持家居住者は、ローン月額の○%等として、支払っていく必要があります。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

社会保険に加入すべき事業所とは

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区