1分で読める労務管理のポイント

不可抗力による遅刻の賃金の支払いは   ( 2012.03.06 )

「強風で電車が止まって遅刻してきた社員がいるのですが、どのように取り扱ったらよいのでしょうか。」

 

台風や地震など、本人の問題ではなく不可抗力による遅刻(欠勤)に取扱いはどのようにすればよいのでしょう。

 

一般的に賃金の支払いは、ノーワークノーペイの原則です。つまり、働いていないのであれば、その分の賃金は支払う必要がないというものです。日給月給制の賃金支払い形態がまさにこれにあたります。

 

今回のように天災事変による遅刻であっても、遅刻した時間は働いていないので、その分の賃金を控除するのは問題ありません。

 

労務管理上は、
①    始業時間までに、会社に連絡をする。
②    鉄道会社等に遅延証明書をもらう。

 

必要があると思います。もちろん、遅れてきた時間から8時間労働させ、その分の賃金控除行わないことも可能です。

 

そのためには、就業規則に、「遅刻・早退・私用外出等により始業・終業の時刻を繰り上げ、又は繰り下げることがある。」と規定しておく必要があります。また、もちろん、この場合8時間労働である限り、残業代は発生しません(もし、その時間が22時以降であれば、25%の深夜割増は発生します)。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

これからの高齢者雇用対策は

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区