1分で読める労務管理のポイント

ユニオン(合同労組)への対策②   ( 2012.03.27 )

「ユニオン(合同労組)対策は何をしたらいいのでしょうか」最近このようなご質問をいただくことが多くなってきました。

 

ユニオン(合同労組)から、突然、団体交渉の申し込みがあった場合、中小企業は、まずは何に注意したらいいのでしょうか。

 

一般的には「団体交渉申込書」が郵送かFAXで届きます。団体交渉申込書には、
①日時
②場所
③協議事項
④参加者(参加人数)
などが、記載されています。

 

ユニオン(合同労組)とは、第1回目の団体交渉が何よりも重要になります。なぜなら、第1回目が、その後の団体交渉の慣例になることが多いからです。

 

ユニオン(合同労組)から、指定された日時・場所で行う必要はありません。会社側も突然、団体交渉の申し込みがあったので、その協議事項の事実確認や準備にも時間がかかると思います。十分、準備の時間をとって、第1回目の団体交渉に臨みましょう。

 

また、開催時間は、必ず就業時間後にすることを忘れないでください。なぜなら、一般的に組合員(訴えを起こした従業員)を連れてくるので、就業時間内だとその方の賃金の支払いの問題が発生するためです。

 

場所は、会社内の会議室かユニオン(合同労組)の事務所を指定してくることが多いですが、それは避けるべきです。公共の会議室を借りてください。会社内ですと、他の従業員への悪影響も考えられますし、団体交渉の時間もエンドレスになる危険性があるからです。団体交渉は、2時間を目途とするといいでしょう。

 

参加人数も必ず指定してください。お互い3~4名が妥当な人数だと思います(ただし、会社側から組合に加入した従業員が多い場合は、それよりも人数は多くなります)。
あまり人数が多いと、落ち着いて交渉ができなくなります。

 

まずは、上記のようなことを注意しながら、第1回目の団体交渉の準備を進めていきます。

 

「ユニオン(合同労組)への対策①」については、こちら

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

ユニオン(合同労組)への対策①

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区