良い会社を作ろう! ~現場レポート~

【就業規則は誰のためにあるのか?】   ( 2014.10.08 )

~良い会社は、良い人づくりから~

 

こんにちは^^



昨日は、大阪で就業規則の勉強会に参加してきました。

 

テーマは、『心を1つにしていく就業規則』

就業規則の勉強会といっても、社労士向けの専門的な勉強会ではなく、周りは、みんな経営者。


そんな中、就業規則のイメージを聞くと、

◆堅苦しい。

◆会社を守ってくれるもの。

◆法律で決め目られているから仕方がなく作るもの。

 

などの意見が出ていました^^

みなさんは、どのように思いますか?

僕は、就業規則は、会社と社員との約束事。そして、社員同士の約束事が書かれているものだと思っています。

例えば、昨日は、

半年たった新入社員が、繁忙期に有給休暇を取得したいと言ってきたというワークを行いました。

有給休暇は、法律で決められている労働者の権利ですね。

取りたいと言われてたら、取らせなければいけませんよね。

 

でも、ちょっと考えてもらいのです。


もし、繁忙期に、有給休暇を取得するとなると、業務が滞る可能性があると思います。

その穴埋めをするために、他の社員(仲間の社員)が、休日労働をしなければいけなくなるかもしれません。
納期が遅れて、お客様の信用を失うかもしれません。


誤解を恐れずに言えば、他人(他社)に迷惑をかけてまで、その権利は、今、取得しなければいけなかったものなのでしょうか。

結局、その新入社員は、「最近の若者」というレッテルを貼られ、結果、その会社に居づらくなるかもしれません。

それは、お互いにとって、不幸だと思います。

もし、みんなが納得するような有給休暇の取得のルールがあって、周知されていたら、

今回のような事態は、避けられていたかもしれません。


今の事例は、勉強会でのワークですので、極端な例なのかもしれませんが、大なり小なりこのようなケースは、起こりうると思います。


意外と、暗黙の了解で、仕事をしているケースが多いと思います。

その暗黙のルールを、一度、きちっと明文化しておく必要があるのではないでしょうか。

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

【組織変革はなぜうまくいかないのか?】

「良い会社を作ろう! ~現場レポート~」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区