1分で読める労務管理のポイント

正社員と試用期間中の社員との解雇の取扱いの差異   ( 2011.09.20 )

前回の労務管理コラム「試用期間の活用」を読んでいただいた方から、「一般の解雇より広い範囲で解雇権が認められている」とは具体的にどの程度で、どのぐらいならば本採用拒否ができるのですか、と問い合わせを頂きました。
そこで、期間の定めのない正社員と試用期間中の社員との解雇の違いについてまとめてみました。

正社員と試用期間中の社員を解雇するときの最低基準
※この条件を満たしたから即解雇できるわけではありません。実際は、会社の規模など1例ごとに慎重に判断していくことになります。また、指導を行った際は、必ず文書に残して下さい。

 

正社員

試用期間中の社員

出勤不良 

出勤率8割未満

出勤率8割以上でも可能、ただし、無断欠勤1日以上 

勤務態度不良 

注意・指導に対しての改善がみられるかどうか(最低でも、半年間は様子をみる必要がある)

注意・指導に対しての改善・意欲がみられるかどうか(試用期間中で判断) 

協調性不足

配置転換を最低でも2回
協調性がないことを伝え、指導を行う

配置転換を最低でも1回
協調性がないことを伝え、指導を行う

能力不足 

採用条件による
詳しくは、能力不足による解雇はできるのでしょうか」参照

難しい

執筆者:社会保険労務士 福井研吾

残業時間が60時間を超えるときの対策はないのか

「1分で読める労務管理のポイント」一覧へ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業務内容

無料診断サービス

1分で読める労務管理のポイント

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

良い会社を作ろう! ~現場レポート~

お役立ちリーフレット集

労働法関係 リーフレット集

安衛法関係 リーフレット集

労災・徴収法関係 リーフレット集

業種別 リーフレット集

雑誌「INDUST」毎月連載中

雑誌「INDUST」

「産廃処理業界の人を活かす労務管理のポイント」を毎月連載中です。

メンタルヘルスマネジメント

雑誌「メンタルヘルスマネジメント」

メンタルヘルスマネジメント(2013年6月号)に、記事が掲載されました。

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR

開業社会保険労務士専門誌SR(第23号)に、記事が掲載されました。

ブログ

福を呼び込む社労士 ふくちゃんの研語録

対応強化エリア

名古屋市 千種区 名古屋市 東区
名古屋市 北区 名古屋市 西区
名古屋市 中村区 名古屋市 中区
名古屋市 昭和区 名古屋市 瑞穂区
名古屋市 熱田区 名古屋市 中川区
名古屋市 港区 名古屋市 南区
名古屋市 守山区 名古屋市 緑区
名古屋市 名東区 名古屋市 天白区